看護師の転職について教えます

正看護師と准看護師の違い

国家資格を取得するため勉強する女性看護師には大きく分けると正看護師と准看護師があります。
正看護師になるには看護学校を卒業した後、国家試験に合格する必要があり、合格すると厚生労働大臣が免許を発行します。
准看護師になるには准看看護学校を卒業した後、各都道府県知事が実施する資格試験を受け、合格すると各都道府県知事が免許を発行します。

正看護師と准看護師の違いは、資格の発行元にあり、正看護師は国が発行する資格であるのに対し、准看護師は都道府県が発行するになります。
仕事の違いは、准看護師の場合、正看護師の指示に従って業務を遂行する必要があります。
要するに正看護師の補助業務をするわけです。
ただし実際の現場では資格の違いはあっても、同じ業務内容をこなしています。
臨床の場においては、ほぼ同じように仕事をこなしていて、明確な業務の違いはありません。

業務内容については明確な差はないのですが、給与や昇格については、正看護師と准看護師との間には大きな差があります。
正看護師の方が給料は高めになっていて、正看護師の平均年収が約450万円であるのに対し、准看護師の平均年収は約400万円弱です。
実際の業務は同じようなことをしているので、50万円ほどの違いは大きな差と言えるでしょう。
また正看護師の場合、管理職に就くことができるので、准看護師との給料の開きは益々広がるばかりです。

働く場所にも違いがあり、准看護師の場合、人件費を安く抑えられる個人経営をしている診療所やクリニックで比較的雇用される傾向にあります。

大きい病院の場合、正看護師を採用するケースの方が多く、准看護師に採用枠はあっても中々看護基準を満たせないのが実情です。
看護基準は診療報酬に関係してくるので、採用される職場に違いが出てきます。
正看護師と准看護師では知識や技術も違います。
しかし実務には違いはなく、准看護師は正看護師よりも安い賃金で雇用できるので、個人病院や診療所では就職先が沢山あります。

病院は戦場のような現場なので、看護師には即戦力が求められます。
経験が求められる仕事なので、未経験の看護師だと即戦力になりません。
実際、現場では看護師の種類に関係なく、実務経験のある即戦力が期待できる人材が求められることが多いです。

准看護師は今後廃止になる可能性もある

近年、医療現場における看護師不足は深刻の一途を辿っているので、資格の違いで分け隔てしている余裕はありません。
正看護師と准看護士は業務内容に違いがないことから、准看護師は今後廃止になる可能性があります。
高度医療に対応できる看護の質の向上のため、日本看護協会は准看護師の廃止を提案しています。
ただ、労働力の確保やその他の理由から日本医師会は反対を表明していて、論議は検討中です。

厚生労働省と日本看護協会は、准看護師の養成は廃止して、看護職は正看護師に一本化するべきだという立場を取っています。
これに対して、日本医師会は准看護師の資格と養成は維持すべきだという姿勢を打ち出していて廃止に反対しています。
関係団体の利害が一致しておらず妥協ポイントが見つけられないことから、廃止問題は中途半端な状態になっています。

准看護師資格は、戦後の深刻な看護師不足に対応するべく、短期間で必要最低限の看護知識と看護技術を身につけて臨床現場で働けるよう作られたものです。
今では戦後間もない頃の深刻な看護師不足は解消されたことから、厚生労働省は看護師養成制度の統合に努めています。
そして日本看護協会も看護師の専門性や地位向上などを理由に、看護師養成を一本化するよう活動を行っています。
反対しているのが日本医師会で、日本医師会は准看護師養成と制度の維持を主張しています。

現在でも看護師不足は続いていて、正看護師の資格を持った人は大病院で働き、個人病院やクリニックでは准看護師が主な戦力になっています。
日本医師会が准看護師の廃止に異論を唱えるのは、正看護師と同じ仕事をしているのに安く雇用できるからです。
厚生労働省と日本看護協会は廃止に賛成していて1990年代から廃止の方向で動いているのですが、日本医師会の強硬な反対があるので廃止が中々決まりません。