看護師の転職について教えます

看護の経験は介護施設でも活かせる

病院での看護は、医師を助ける重要な仕事です。
患者との関わりの深さにおいては、医師を越えるといっても過言ではありません。
病院での看護の経験者は、医療で得た経験と知識、技術は当然のこととして、介護施設でも生かすことができます。

介護施設で働く女性介護分野の一つである訪問看護は、看護の従事者が介護を行う代表的な例です。
家庭を訪問して行われる介護は、医療の分野にも関わるないようです。
点滴や酸素吸入などは、医療の専門知識がなければできません。
排便支援は訪問看護の主要な技術として、介護施設でも重宝されます。
散歩の介助やリハビリなどは、医療でも介護でも、行われることです。

医療で取り扱う患者は、年齢や性別の区別はありません。
最近は病院の患者も高齢化が進んでいるので、介護施設とは変わりがなくなってきています。
介護施設で対象となるのはお年寄りです。
一般に女性の割合が多く、男性は比較的少なめです。
比較的、要介護度の低いお年寄りが通所で集まるデイケアは、大勢のお年寄りのケアを行う施設です。

医療との違いは、そこで行われるのが治療ではなくケアであることです。
お年寄りの扱い方は病院とは若干異なります。
病院では患者はお客様ではありませんが、介護施設ではお客様の意味合いを持ちます。
お年寄りには笑顔で対応し、楽しませることも大切です。

病院勤務から介護施設に仕事場を移す場合は、お年寄りの扱いに慣れる必要があります。
通所しているお年よりはそれぞれに人生経験があり、人によっては高いプライドを持っています。
身体機能が多少落ちたからと言って、そのプライドを傷つけることはできません。
介護施設では、病院との対応の違いに早くなれることが必要です。

介護施設は必ずしも医師が中心となる訳ではありません。
民間であれば、その施設の経営者がその施設の運営方針を決めます。
介護分野で指導的立場に立つのがケアマネージャーです。
半数ほどが看護の経験者で、残りの半数は介護に従事してから資格試験を通った人たちです。
介護施設内では、それぞれの分野の職員と、コミュニケーションを取ることが大切です。

お年寄りとのコミュニケーションをこまめに取ろう

お年寄りの扱いでは、コミュニケーションをとることが大切です。
お年寄りには笑顔で対応し、楽しませることも大切です。
介護施設では大勢のお年寄りを扱うことになります。
要介護度の高い寝たきりのお年寄りもいれば、要介護度の低い、歩行も自力でできる方もいます。

お年寄りの扱い方で大切なことは、それぞれを個人として尊重しなければならないことです。
同じく集団を扱う幼稚園や学校においては、生徒を集団として取り扱っても問題がでない場合もあります。
しかし、介護施設のお年よりはプライドがあり、一人の個人として尊重してもらうことを望んでいます。
一人一人がたどってきた人生に敬意を払い、尊敬することも必要です。

病院の患者と介護施設のお年寄りの扱いは、若干の違いがあります。
病院では患者を楽しません必要はありませんが、介護施設では一日を過ごすお年寄りを楽しませることも必要です。
介護は、本来ならば家族などの近親者から受ける愛情を持った介護を変わって授ける施設です。
要介護者の家族のような気持ちになって、つくす事も必要です。

病人を治すという明確な目的のある病院と異なり、介護施設での目的は明確になり難い面もあります。
お年寄りを介護することは、国や社会にとって必要なことです。
必ず誰かが行わなければならない仕事に携わっているという誇りを持つことが必要です。

お年よりは、必要な介護を受けない場合、日々衰えていく場合があります。
しかし、介護施設に通うことで元気になり、長生きできる人がいるのも事実です。
お年寄りが少しでも元気になっているのは、介護施設の職員としてやりがいを感じることです。
また、衰えの目立つお年寄りでも、楽しく過ごす一瞬をつくってあげる事は、看護の仕事にも通じるはずです。