看護師の転職について教えます

看護師から医療事務へ転職する時の志望理由

医療事務として働く女性看護師も医療事務も医療関係で需要が多く、人気のある職業ですが、看護師が医療事務に転職する場合は志望動機を考えるのが少し難しいと言えます。
看護師は忙しいけれど、やりがいがあり求人も多い専門職なので、この仕事を離れるというだけでも面接官はなぜなのか知りたいと考えるはずです。

そして、転職して行うのが医療事務ということになると、医療関係という点では看護師と同じであっても、看護師よりも月給が安くなり、医療関係者としての組織内での立ち場も弱くなる可能性が高いと言えます。
そのため、看護師がそのような医療事務に転職する理由としては、体調や人間関係などで仕事を変わりたくなったからということになれば、尋ねた方も納得はできるでしょう。

ただ、この場合には体調が理由であるならば、新しい職種に変わった後も体の方は本当に大丈夫なのかと心配されたり、人間関係ということであれば、新しい職場でも問題が起きるのではないかと不安に思われる可能性があります。
ですからこれらを志望動機にする場合には、面接官が安心して受け入れられるような説明を行うことが大切です。

そして、そのためには医療事務の仕事なら体調面でも安心して働けるということを説明したり、人間関係では、普通の人間関係ならばきちんとやっていけるということが伝わるような工夫をしてみることが必要と言えます。
このような説明がしっかりできるのであれば、志望動機がマイナスになる可能性は低いでしょう。

また、この際は、医療事務の仕事に魅力を感じるということも強調しておく必要があります。
この場合は看護師とは違っても、患者さんのためになり、その立ち場に立つことのできる医療事務の仕事に新人としてのやりがいを感じるということをきちんと伝えておくと良いでしょう。
さらに、医療事務は看護師以上に自分のライフスタイルに合った仕事だと考えているということを強調することもプラスになるはずです。

以上のように、看護師から医療事務への転職の際には、看護師の仕事を辞める理由と医療事務の仕事を希望する理由の2つを納得してもらえるような形で伝えることが重要になります。

医療事務のメリットとデメリットを理解しておく

仕事であれば当然のことですが、医療事務の仕事にもメリットとデメリットがあるので、それらを十分に把握しておく必要があります。
メリットとしては、なくてはならない医療関係の仕事であるということと、他の医療関係の仕事に比べて身体的な負担がかかりにくいということ、新人教育を行うところが多いので就職後にしっかりと仕事について学べることなどが挙げられます。

また、女性の場合は結婚や育児のために一時的に仕事を離れても、パートやアルバイトなどですぐに仕事に復帰できることが多く、この点でも医療事務は女性の仕事として魅力があると考えられます。
さらに、この仕事は資格があると転職しやすいというメリットはありますが、基本的には資格を必要としないのでその点でも目指しやすい職業と言うことができます。

これに対してデメリットとしては、看護師と比較した場合だけでなく一般の事務系の仕事としても月給が高い方ではないということが挙げられます。
また、仕事としては診療報酬明細書(レセプト)の作成という大切な仕事が中心となりますが、この書類ではミスが認められず、そのことを常に認識しておく必要があるので、この点は少し大変と言えるでしょう。

さらに給料が高い方ではないのに専門性が必要になる部分があるということや、月はじめが忙しかったりゴールデンウイーク等の時期には休みがとれないということがあります。
また、求人が多いと言っても看護師ほど条件の良い職場が多い訳ではないというようなデメリットもあります。

以上のように、医療事務にはメリットもデメリットもいろいろとあるので、それらをしっかりと調べた上で自分にとっての医療事務の魅力を改めて考え、少し難しいと思える志望理由を確認することが大切です。