看護師の転職について教えます

看護師が転職の際に重視するポイント

看護師の転職について説明する女性看護師を求めている病院は多いので、資格を持っている人は転職もしやすくなっています。
看護師の数に対して求人数が多い為、自分の希望通りの転職先を見つけやすく、たくさんの希望があっても、その条件に当てはまる求人を見つけやすいでしょう。

看護師が転職をする際に重視するポイントは、勤務形態がどんな条件になっているかです。
病院によっては、夜勤がある二交代制であったり、三交代制の勤務形態があります。
夜勤をする事によって給料はアップしやすいですが、体調面を考えると体力のない人は体調を壊しやすくなりますので、夜勤がなく日勤のみの勤務形態を求める人も多い状態です。

日勤のみの仕事を探す場合、入院施設が整った総合病院ではなく、入院設備のない街の小さなクリニックなどであれば日勤のみの仕事を探す事が出来ます。
給与面から考えた場合は夜勤がある場合よりも少なくはなりますが、体力に自信がない人や家族との時間を重視したい人にとっては、外せない条件になります。

看護師が給与面を考えて転職をするのであれば、日勤だけではなく夜勤のみの求人も探す事が出来ます。
夜勤のみとなれば昼間に働くよりも多くの給与を得やすくなりますので、より多くの給与をもらいたい人に向いている勤務形態です。

夜勤専従で働く場合には昼間のバタバタ忙しい感じがなかったとしても、緊急な判断を求められることも多いですので、ある程度のキャリアがない人には難しい仕事になるでしょう。
救急で訪れる人も多いですし、少ないスタッフの中で判断をしていかなくてはならない為、早く適切な判断が必要になり経験がものを言うようになってきます。

転職を考える時の条件として、今よりもいい条件を求めて探さなくてはなりませんので、どこを重視して探すかを考えなくてはなりません。
いい条件を見つけたら今よりも悪くなる部分はないかも確認しておけば、条件が一つ良くなって一つ悪くなるという事もありません。

福利厚生を重視する人も多い

働く場所によって福利厚生が違いますので、自分にとってメリットが大きな福利厚生があるかで決める事も出来ます。
福利厚生としてあるのは、看護寮があったり、休暇制度や保養施設の有無、医療費の補てん制度があるかなども代表的です。

独身の人であれば、看護寮がある事によって仕事に通いやすくなったり、一人暮らしを格安で始める事も出来ますので、とてもメリットが大きくなります。
保養施設に関しても、職員は安く利用できますので、休暇の時には訪れる事も出来るでしょう。
医療費の補てん制度がある場合、予防接種を安く受けることが出来たり、体調が悪い時の受診も安く受けることが出来るので、体調が悪い時には気軽に受診をしやすくなります。

子育て中の母親看護師が受けたい福利厚生としては、院内保育です。
院内保育がある事によって、子供と一緒に出勤をする事が出来ますし、急な残業時にも対応をしてもらいやすくなります。
送り迎えの手間が省けるだけではなく、子供の近くで働けるのは理想的な働き方ですので、転職時にはどうしても院内保育だけは外せないという人もいるほどです。

給与面が他の医療機関と比べて低い設定だったとしても、福利厚生が充実している事によって、給与の補填だと思う事も出来ます。
福利厚生を受けることによって、年間でかなりの金額を節約できるのであれば、自分のお金をあまり使わなくてもすみますので、節約につながりお金もためやすくなるでしょう。

あらかじめどんな福利厚生があるかを確認し、どのくらいの利用者がいるのかも確認する事です。
福利厚生が充実していたとしても、利用している人がいないのであれば新人がたくさん利用しにくくなりますので、遠慮なく利用できるかも確認しましょう。